• 当病院について
  • 病院長あいさつ
  • 病院概要
  • フロア案内

診療案内

マイナビ看護学生

予約診療について

完全予約システムではありませんので、来院時診療後、希望者は次回の予約日を各科担当医師までお申し出ください。
(詳しい事は、1F 医事課でお問い合わせください。)

所在地・連絡先

医療法人社団 同愛会病院
〒132-0031
東京都江戸川区松島1-42-21
TEL:03-3654-3311(代表)
FAX:03-3654-2993

訪問看護ステーションあゆみ 居宅支援事業所あゆみ

当病院について

病院概要

院内フロア案内ヘ

名称 医療法人社団 同愛会病院
所在地 〒132-0031 東京都江戸川区松島1-42-21map
連絡先 TEL:03-3654-3311(代表)   FAX:03-3654-2993
理事長 田川 博之 (たがわ ひろゆき)
院長 椿  浩司 (つばき こうじ)
創立 昭和32年5月1日
許可病床 149床(一般病床149床)
標榜科目 内科 外科 整形外科 皮膚科 眼科 泌尿器科 放射線科 リハビリテーション科
脳神経外科
指定施設概要 東京都指定第二次救急医療機関
日本整形外科学会研修施設
日本消化器内視鏡学会指導施設
看護配置基準 一般病棟 10:1
承認施設基準 急性期一般入院基本料 6
急性期看護補助体制加算 25:1 5割以上
夜間急性期看護補助体制加算  50:1
夜間看護体制加算
看護職員夜間配置加算 16:1配置加算2
入院時食事療養(Ⅰ)・入院時生活療養(Ⅰ)
救急医療管理加算2
医師事務作業補助体制加算2
感染防止対策加算2
認知症ケア加算2
入退院支援加算2
医療安全対策加算2
医療安全対策地域連携加算2
診療録管理体制加算2
データ提出加算2
胃瘻造設術
薬剤管理指導料
検体検査管理加算 (Ⅰ)(Ⅱ)
輸血管理料(Ⅱ)
輸血適正使用加算
地域連携夜間・休日診療料
肝炎インターフェロン治療計画料
ニコチン依存症管理料
画像診断管理加算1・2
CT撮影及びMRI撮影
冠動脈CT撮影加算
脳血管疾患等リハビリテーション料(Ⅲ)
運動器リハビリテーション料(Ⅰ)
呼吸器リハビリテーション料(Ⅰ)
廃用症候群リハビリテーション料(Ⅲ)
がん性疼痛緩和指導管理料
救急搬送看護体制加算
院内トリアージ実施料

明細書発行に関する事項

当院では医療の透明化や患者さんへの情報提供を推進していく観点から、領収書の発行の際に、個別の診療報酬の算定項目の分かる明細書を無料で発行しております。
明細書には、使用した薬剤の名称や行われた検査の名称が記載されるものですので、その点ご理解いただいた上で、自動精算機では「発行希望する」を選択してください。
窓口会計の際は、発行希望とお申出下さい。

入院時食事療養に関する事項

当院は、入院時食事療養(Ⅰ)の届出を行っており、管理栄養士の管理の下、適時(夕食は午後6時以降)適温で、食事を提供しております。

医療安全管理指針

医療事故防止のためには、その最大要因であるヒューマンエラーに対する医療従事者個人の努力もさることながら、病院が組織的に取り組むことが必要です。当院では全体で医療安全を推進していくために、次の通り指針を定めます。

基本理念

  • 常に危機意識を持ち業務にあたります。
  • 全ての医療行為、医療システムは患者さん本位とします。
  • コミュニケーションとインフォームドコンセントに配慮し、患者さんの知る権利、拒否する権利、自発的同意を重視します。
  • 記録は正確に、時系列に沿って記載することで、事故防止に役立てます。万一の事故発生時には唯一の証拠となりえます。
  • 医療安全管理委員会を中心に、情報の共有化を図り、各部署からの報告システムを確立します。

組織的取り組み

医療安全管理委員会を設置した上で、各部署にリスクマネージャーを配置します。現場の声をリスクマネージャーが集約、委員会にて問題提起を行います。委員会での決定事項はリスクマネージャーを通し、全体に周知されます。また、院内の関係委員会及び部門と連携し、病院全体で継続的に取り組んでいきます。

日常業務の管理体制

医療事故の直接的・間接的な要因ともなる診療録の記載、医療機器や医薬品等の扱いは、医療安全管理マニュアルに基づき管理を行います。

医療事故発生時の対応

重大な事故の発生直後は、冷静且つ誠実に患者さんやご家族への対応を行います。緊急に病院長を長とする委員会を開き、医療事故調査・支援センターや警察等への対応を迅速に判断します。

医療安全管理のための職員研修

全職員対象の研修を定期的に行います。他施設での事例も含めた医療事故の事例を資料としたり、医療機器の安全な利用に関する講習を行うなど、効果的な内容を常に検討します。

患者さんからの相談への対応

相談窓口を医療相談室に設け、担当者を医事課長、看護師長とします。場合によって事務長を加え、誠実に対応します。