概要

女性スタッフによる診察・検査を行っています。乳がんは女性にとって深刻な病気であり、プライバシー、身体、精神面など全体的なケアを大切にし診療いたします。また、乳がんだけでなく乳腺の疾患すべてに幅広く対応しておりますので、乳房に関して気になることがあればご相談ください。

特徴・特色

2018年の日本人女性がかかるがんの第1位は乳がんでした。さらに乳がんは年々増加傾向にあります。乳がんを発症する人は20歳過ぎから認められ、40~50代前半にピークを迎えます。しかし、乳がんは早期発見して治療すれば、完治の可能性が高い病気です。早期発見には積極的に乳腺外来の診察や、乳がん検診を受けることが重要です。
当院では、手術、薬物療法(化学療法、ホルモン療法、分子標的療法)を行っております。希望があれば、他院へのご紹介も可能です。

< 乳腺外来を受診される方のよくある症状 > 
・乳房に張りや痛みがある
・乳房のしこりや硬さを感じる
・乳房が赤くはれあがったり、熱をもっている 
・乳首から分泌物が出てきたり、ただれがみられる
・乳頭が陥没したり、乳房にくぼみができた気がする
・わきの下が痛んだり、しこりを感じる
・職場や区の検診で異常を指摘された場合
 ☆このような症状があるときは 乳腺外来を受診することをおすすめいたします

< 乳腺外来 診察の流れ >    
・視診 :くぼみや発赤などの皮膚の変化、乳頭の位置等を確認します
  ↓
・触診 :乳房をさわってしこりの有無や状態、分泌物のチェックをします
  ↓
・検査 :マンモグラフィーやエコー(超音波)を行います
     異常を認めた場合、MRI、CT検査、穿刺吸引細胞診、針生検(組織診)等を施行します。

当院では、診察・マンモグラフィー・エコー(超音波)は
すべて女性スタッフが対応いたします
スタッフ

当院で扱う主な疾患

乳がん

病態と症状
乳腺組織にできるがんで、多くは乳管組織(母乳を乳頭 まで運ぶ管)から発生します。男性に発生することもあります。しこりは、一般的に硬く境目がはっきりする場合とはっきりしない場合があります。
治療
手術、放射線療法、薬物療法があり、個々のがんのタイプに合わせて必要な治療を組み合わせて行います。

乳腺線維腫

病態と症状
思春期から30代に多く見られます。ころころとしたしこりで触るとよく動きます。3cm以上の大きさになることは少なく、次第に小さくなっていくことがほとんどです。40~50代になる頃にはしこりは気にならなくなり、多くの場合は治療の必要がありません。

乳腺症

病態と症状
乳腺が良性に変化したもので、性ホルモンの不均衡により起こると考えられています。30~40代に多くみられます。大きさが不揃いで境界不明瞭な平らで硬いしこりとして触れることが多く、月経前に大きくなり月経後に縮小します。また、多くの人で痛みを伴うことが多いのも特徴です。
治療
マンモグラフィーや超音波(エコー)検査で悪性の疑いがなく症状が軽い場合は、治療の必要はなく経過観察を行います。痛みが強い場合は薬物治療を行うこともあります。

乳腺炎

病態と症状
乳汁が乳管の中に溜まって細菌感染をすることでおこる乳腺の炎症です。赤く腫れあがったり、痛み、うみ、しこりなどが見られます。
治療
抗生物質による薬剤治療と症状の緩和から開始します。膿瘍ができている場合は、皮膚を切って中の膿をだします。

外来スケジュール

曜日 午前 午後
月曜日 9:00 ~ 9:30
火曜日 9:00 ~ 9:30 14:00 ~ 15:00
水曜日 9:00 ~ 11:30
木曜日 9:00 ~ 9:30 14:00 ~ 15:00
金曜日

※緊急手術等により変更になる場合があります。事前にお問合せください。


当科で行っている主な検査

・マンモグラフィー 
乳房を圧迫して乳腺の影を撮影し、腫瘤や乳腺のみだれ、石灰化などを見つける検査です。撮影時に乳房を圧迫するので痛みを感じる方もいます。

・乳房超音波(エコー)検査 
しこり等乳腺の状態を調べます。痛みはありません。

・MRI
マンモグラフィーやエコーよりも感度がよく、腫瘤の存在・大きさ・広がりを正確に把握することができます。 しこりとそうでない組織を鑑別することに優れています。ペースメーカーなど金属が埋め込まれている方は、受けることができません。

・CT
体の断面を輪切りにした画像が撮影できるため、乳がんのしこりの大きさや位置、広がりを診断するために有用性があります。また、リンパ節転移の有無、肺や肝臓、骨などのへの遠隔転移なども調べることができます。

・穿刺吸引細胞診
病変部に細い針を刺して注射器で吸い出した細胞を顕微鏡で観察します。手で触れたり超音波で病変を確認しながら針を刺します。針が細いので身体への負担が少なく、局所麻酔も不要です。

・針生検(組織診)
穿刺吸引細胞診でがんの疑いがある場合など、症状の原因を調べるための組織診(生検)の一種です。針生検では、穿刺吸引細胞診よりも太い針を病変部に刺し、針の中に組織の一部を入れて、体の外に取り出します。針が太いので局所麻酔が必要です。
マンモグラフィー
マンモグラフィー

検査・手術件数

(2020年1月~2020年12月)
(検査)マンモグラフィー検査   376件
(手術) 乳腺悪性腫瘍手術    15件

医師スタッフ紹介

森下 友起恵
もりした ゆきえ

専門分野
日本大学卒 医学博士
日本外科学会専門医
日本乳癌学会乳腺認定医
マンモグラフィ読影認定医
身体・精神面・プライバシーなど全体的なケアを行いながら乳腺診察を行っています。乳がんは早期発見により治療できる病気です。気になることがあればご相談ください。

交通案内

住所

〒132-0031 東京都江戸川区松島1-42-21


バスでお越しの方

◆JR新小岩駅よりバス約8分
◆都営新宿線船堀駅よりバス約15分
◆東西線葛西駅よりバス約35分
◆東西線西葛西駅よりバス約30分
※バス停『江戸川区役所前』下車


お車でお越しの方

近隣のコインパーキングをお使いください。


MENU
ページトップへ